弁護士や行政書士は市民を守るガーディアン|頼れる味方に相続相談

裁判

手続きだけでも非常に面倒

敷居は低くなっている

弁護士

相続が発生すると、相続人には悲しむ暇もなく次から次へと様々な手続きが降りかかります。役所、年金、保険、預金口座、各種名義変更、遺産分割協議などなど。これが非常に面倒で難解ですよね(マイナンバー制度が施工されれば少しは役所の手続きも楽になるのでしょうか)。そんなときに頼りになるのが弁護士をはじめとした専門家たちです。 特に弁護士は普段接する機会がないだけに、法律事務所の敷居は高いものと思われがちですが、最近の弁護士はインターネットの普及やテレビのCM、バラエティ番組の出演の増加から、個性豊かでフレンドリーな人が多いように見受けられます。 相続は誰でも経験しますが何度も経験するものではないので、普通の人にはよく分からなくて当然です。少しでも不安に感じることがある場合は相談してみてはいかがでしょうか。

手続きだけなら

相続の手続きを弁護士に依頼しても良いものでしょうか。答えはイエスです。ただし手続きだけなら司法書士や行政書士のほうがリーズナブルにやってくれます。ではどんな場合に弁護士に相談すると良いのでしょうか。 遺産分割の話し合いがまとまらない、相続人の一人が遺産を使い込んでいる、相続人に行方不明者がいる、遺言書の内容に納得がいかないなどトラブルが発生している場合または発生しそうな場合です。特に裁判にまで発展すると弁護士以外では対応できません。 そのため全て話し合いがついていて後は書類だけ、という場合は行政書士か司法書士、少しでも揉めるかの世がある場合は弁護士に相談すると良いでしょう。第三者が入ることで冷静になることができます。