弁護士や行政書士は市民を守るガーディアン|頼れる味方に相続相談

裁判

親が死んだ後のトラブル

親が死んだ後のトラブル

裁判

親が亡くなれば、その子供が財産を相続する、極当たり前のことですが、財産を受け継ぐ行為がすべてプラスであるとは限りません。時には多額の負債を抱えて親が亡くなることもあるのです。このようなケースでは、親の財産と共に、借金についても相続の対象となります。親が財産家で、事業を手広く行っていたという場合にも、それ相当の負債を抱えている場合があります。そのような相続の現場では、多くのトラブルが発生します。相続人が複数の場合、誰が負債の面倒を見るのかでも、大きく揉めることになります。負債の額が資産を上回り、財産を受け継ぐメリットがないと判断された時には、弁護士に一報を入れるべきです。専門家の判断を急ぐことが肝心です。

親の残した資産を調べる

親が残した財産よりも借金が多く、返済することにメリットがないと判断された場合は、相続放棄をするのも一つの手です。受け取る資産が、正の方向か負の方向か判断できない場合も、弁護士の力を借りることが得策です。そして、総合的な判断の下、相続放棄という選択もできます。資産の受け取りを放棄する場合には、特に弁護士の後ろ盾は必要ありません。親が所属する自治体に相続放棄の書類を送るだけで済むからです。しかし、相続放棄の手続きは、被相続人の死後3か月以内が原則なので、期限を過ぎている場合は、弁護士に介入を頼むことです。法律的な処置によって、期限を延ばすことも可能だからです。親の財産を受け取るか、拒否するか、どちらにしても事を急ぐ必要があります。