弁護士や行政書士は市民を守るガーディアン|頼れる味方に相続相談

裁判

遺産及び遺言での注意点

トラブルを避ける方法とは

女性

相続という言葉については、多くの方がご存知でしょう。ある人の遺産を、家族や血縁者によって配分するシステムのことで、遺産をもらう人のことを相続人、遺産を残す人のことを被相続人と言います。主に本人の配偶者や子供、両親、兄弟姉妹などが相続人となりますが、時と場合によっては、名前も知らず、また血縁関係にもない人が権利を主張してやって来て、トラブルになるケースもあります。 それ以外にも、たとえば借金なども相続の対象となるわけですが、それを避けたい場合は、相続放棄や限定承認などで、こういいったいわゆる負の遺産を放棄することもできます。そのような場合には、やはり法律のプロである弁護士に入ってもらう方が、様々な点でスムーズにことが運びます。

法律事務所への相談を

弁護士が入ることでのメリットは、主に次のような点が挙げられます。まず、全く無関係と思われる人が権利を主張した時に、速やかに調査をすることができます。この場合は戸籍謄本や除籍謄本、また改製原戸籍といった書類を取り寄せる必要がありますし、これらの書類を家庭で取り寄せるのもかなり負担がありますので、弁護士に依頼した方が便利です。 弁護士が代理人として入ることで、相手との交渉やトラブルの処理がうまく行くことは多いので、一度法律事務所で相談をしてみることをお勧めします。また、自分の財産を家族に相続させる場合に、弁護士に依頼して遺言作成をしておくと便利です。費用はそれぞれの状況によって違ってきますので、事務所で一度相談してみるといいでしょう。